Company

法人概要

代表挨拶Message

1人1人がプロとしての自覚を持ち、高い品質の監査を遂行する

永和監査法人は、2005年に設立された監査法人です。

創設者の齋藤力夫が株式公開支援業務(IPO)や学校法人監査を多数手がけていたため
設立以来、金融商品取引法や会社法、学校法人監査等、伝統的な監査を中心に行って参りましたが、
近年は、証券会社やファンド、暗号資産交換業者等Fintech分野の監査も行っています。

監査法人としての規模は決して大きくありませんが、Fintechから非営利まで幅広い業種に対し、サービスを提供しています。

監査(audit)の語源は、「聴く」といった意味を持つ 「audio」から派生したものと言われています。
「聴く」とは、聞こえるものの内容を理解しようと思い、進んできくという意味ががあります。
私たちは、経営者や監査役等とのコミュニケーションにおいて、「聴く」ことを重視し、
法人が抱えるリスクを把握するとともに、それに対する適格な監査手続を選択・適用することにより、
効率的かつ高品質な監査を行っています。

総勢30名程度の監査法人ですが、山椒のように一粒でも存在を主張するように、
1人1人がプロとしての自覚を持ち、自ら考え・行動し、高い品質の監査を遂行するのはもちろんですが、
クライアントに喜んでもらえるサービスを提供できるよう、スピード感をもって、常に新しい事を吸収し、発信してまいります。
永和監査法人        
  会長 荒川栄一

代表挨拶Message

1人1人がプロとしての自覚を持ち、高い品質の監査を遂行する

永和監査法人は、2005年に設立された監査法人です。

創設者の齋藤力夫が株式公開支援業務(IPO)や学校法人監査を多数手がけていたため
設立以来、金融商品取引法や会社法、学校法人監査等、伝統的な監査を中心に行って参りましたが、
近年は、証券会社やファンド、暗号資産交換業者等Fintech分野の監査も行っています。

監査法人としての規模は決して大きくありませんが、Fintechから非営利まで幅広い業種に対し、サービスを提供しています。

監査(audit)の語源は、「聴く」といった意味を持つ 「audio」から派生したものと言われています。
「聴く」とは、聞こえるものの内容を理解しようと思い、進んできくという意味ががあります。
私たちは、経営者や監査役等とのコミュニケーションにおいて、「聴く」ことを重視し、
法人が抱えるリスクを把握するとともに、それに対する適格な監査手続を選択・適用することにより、
効率的かつ高品質な監査を行っています。

総勢30名足らずの監査法人ですが、山椒のように一粒でも存在を主張するように、
1人1人がプロとしての自覚を持ち、自ら考え・行動し、高い品質の監査を遂行するのはもちろんですが、
クライアントに喜んでもらえるサービスを提供できるよう、スピード感をもって、常に新しい事を吸収し、発信してまいります。
永和監査法人        
  会長 荒川栄一

法人概要

法人名
永和監査法人
法人設立
2005年4月
住所
〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町5-1
兜町第1平和ビル4階
【交通機関】東京の中心部に位置します。
東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町」駅徒歩2分
東京メトロ銀座線・東西線、都営地下鉄浅草線「日本橋」駅徒歩4分

連絡先
(TEL)03-6661-2110
(FAX)03-6661-2111
パートナー
荒川栄一(会長・代表社員)
伊藤嘉基
津村 玲
芦澤宗孝
小栗一徳
佐藤弘章
清水 巧
顧問
齋藤力夫(名誉会長・相談役)

契約状況

金融商品取引法・会社法 4社
会社法 9社
学校法人 17法人
その他監査等 20法人
計50社(2020年7月1日現在)

沿革

2005年
(平成17年)
東京都新宿区神楽坂に永和監査法人を設立。
2008年
(平成20年)
業容拡大に伴い法人事務所を新宿区矢来町に移転。
2018年
(平成30年)
業容拡大に伴い法人事務所を中央区日本橋兜町に移転。