沿革

当法人は人材育成を重点とし、適正な規模で若いスタッフが安心して働くことができる環境を整えています。

1963年(昭和38年) 齋藤力夫公認会計士事務所設立。
公認会計士・税理士事務所として、総合的な会計、監査、税務、コンサルタント業務を開始。
1974年(昭和49年) 齋藤を中心とする中央共同監査法人を設立。
1975年(昭和50年) 中央共同監査法人福岡事務所を設置。  
1984年(昭和59年) 中央共同監査法人10周年で日本橋に移転。齋藤力夫税理士事務所も同時移転。
1987年(昭和62年) 監査法人井上達雄事務所と合併、井上斎藤監査法人設立(証取法・商法監査32社、私学振興助成法監査92法人 、その他監査15社)。 斎藤総合会計事務所(関与先約120社)が日本橋に移転。
1989年(昭和64年) 井上斎藤監査法人大阪事務所を設置
1991年(平成3年) アーサーアンダーセン事務所(英和監査法人)と合併し、井上斎藤英和監査法人を設立(港区)、齋藤力夫が副理事長に就任。
1993年(平成5年) 斎藤力夫税理士事務所が新宿区神楽坂に移転。
1993年(平成5年) 井上斎藤英和監査法人と監査法人朝日新和会計社が合併、朝日監査法人(現 あずさ監査法人)設立(新宿区)、齋藤力夫が代表社員に就任。
1994年(平成6年) 齋藤力夫、朝日監査法人(現 あずさ監査法人)代表社員を退任、相談役に就任後、社友となる。
1998年(平成10年) 齋藤力夫公認会計士事務所再開し監査業務開始。
2002年 (平成14年) 齋藤力夫税理士事務所を斎藤総合税理士法人として設立。
2005年(平成17年) 永和監査法人を設立。
2016年(平成28年) 永和監査法人の代表社員を退任。現在に至る。

齋藤力夫の略歴

公共・社会等の活動
■日本公認会計士協会関係 常務理事4期就任し、その他公益法人委員会委員長、学校法人委員会委員長、同協会理事、常務理事(紀律担当、租税調査会担当、学校法人担当、非営利法人担当)、東京会業務委員会委員長、その他各種委員、委員長担当
■文部科学省・学校法人(大学)運営調査委員会委員、学校法人会計基準検討会委員、独立行政法人大学入試センター評価委員他、国立美術館、国立博物館、沖縄国立劇場等12法人の評価委員
■総務省、内閣府・公益法人会計基準検討会委員(3次改正)
■厚生労働省・社会福祉法人会計基準研究班委員 その他、東京都、市川市、新宿区等の委員

教育関係
(財)専修学校教育振興会監事、日本私立大学協会顧問、(財)日本高等教育評価機構監事、(財)日本短期大学協会監事他 東京理科大学講師、嘉悦女子短大(現 嘉悦大学)講師、東京経営短期大学学長、聖徳大学教授等その他大学講師を歴任、文部大臣より教育功労賞を拝受(専修学校振興功労)。 また、日本公認会計士協会実務補習所講師、同協会本部、東京会、神奈川県会、近畿会、東海会の講師のほか、各私学団体では全国にわたる研修会講師を行い、多数の出版活動を行っております。  今後、若手公認会計士、税理士の人達に執筆・出版や研修講師をしたいとの希望があればその能力によって積極的参加を要請しております。